上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

2011.06.25 (Sat)

過去の激闘をふり返って02

あやや「今日も「過去の激闘をふり返って」の時間がやってまいりました!第1回の放送から大変な反響をいただいているこのコーナーですが(嘘つけ!!)、今日、第2回のゲストはこの方、土着神の頂点 洩矢諏訪子さんでーす。」
諏訪子「えっ、うそ、もう映ってんのこれ?」
霊夢「また来たの、あんたら
魔理沙「おっ!なんか面白そうなことやってるな、私も混ぜてくれ。」

第2回

あやや「今日も実況はわたくしあややと、解説のWtoKさんでお送りしまーす。」
WtoK「どうも、今日はにぎやかですね。」

あやや「さて、諏訪子さん。第1回目のゲスト、チルノさんに続き、第2回目のゲストに選ばれたご感想は?」
諏訪子「あいつがここに来てたの!?あのバカ妖精ったら昨日も私の蛙ちゃんを氷漬けにして遊んでたの!!許せないっ!!」
あやや「チルノさんのことお嫌いでしたか・・・。」
諏訪子「当たり前でしょ!今度見つけたらただじゃおかないんだから!!」
WtoK「あれ、おかしいですね。以前I〇SYSさんのアレンジCDのジャケットに仲良く写っているのを見ましたが・・・。」
諏訪子「ギク、な、何のこと?」
あやや「??、どういうことでしょう?」
WtoN「諏訪子さん、あなた、チルノさんと共謀して人気取りにはしっていませんか?」
あやや「チルノさんがおバカなのを良いことに彼女の人気を利用しているのかも知れませんね・・・。」
霊夢「あの子そんなに人気ある?第8回人気投票見たけど23位よ?」
あやや「私は10位ですよ。」
魔理沙「私は5位だぜ!」
諏訪子「そ、そんなことより私の特集とやらはどうしたのよ?これでも忙しいんだから早くしてよ!!」
あやや「特集?何か勘違いされているようですが、本題に入りましょうか・・・WtoKさん、お願いします。」
WtoK「はい。まずはこちらをどうぞ。」
霊夢「えっ、わ、私は1位ごにょごにょ・・・・・・」

諏訪子2

あやや「これは・・・とてもきれいな弾幕ですね
WtoK「ええ、美しさもさるものながら石の軌道が曲者です。一見一列に並んでいるかと思わせて、実は少しずつ軌道がずれている・・・。最初の頃は、軌道から外れて安心したと思ったら次の石に当たっていたなんてことが良くあったものです。」
あやや「巧妙ですね。」
WtoK「私以外にも同じような経験をされた方は多いのではないでしょうか?」
あやや「それにしても、こんなにたくさんの石をどこから出しているんでしょう?」
WtoK「ポケットからでしょう。子供は何でもポッケに詰め込むものですからね。気づいたら入っていた。だから投げてみた。そんなところでしょう。」
諏訪子「私は子供じゃないっ

あやや「次の写真は・・・」
WtoK「この後からは覚悟して見てください。かなりの衝撃写真ですよ・・・」
あやや「ゴクッ・・・」
WtoK「これと・・・」

諏訪子3

WtoK「これもです。」

諏訪子1

あやや「あややっ!!、これは・・・・・・蛙が次々とはじけ跳んでいますね・・・お尻に爆竹でもつめられているのでしょうか!?・・・・・・」
諏訪子「ギクギク!」
WtoK「私は目の前でこの様子を確認してきましたが、実に不自然なはじけ方でした。明らかに何者かの仕業です。」
諏訪子「ギクギクギクッ!!わ、私がやったって証拠がどこかにあるの!?・・・言いがかりはやめてよっ
あやや「・・・・・・・・・」
WtoK「・・・・・・・・・」
諏訪子「だいたい、こんなに爆竹使ったらすごい音がするからわかるはずでしょ!!」
魔理沙「確かに・・・耳がただじゃ済まなそうだぜ。」
WtoK「皆さん、思い出してください。諏訪子さんはチルノさんと裏で繋がりがあるという疑惑があるんですよ。」
あやや「ええ・・・ですが、それとこれとどのような関係が?」
WtoK「チルノさんと共謀しているのなら、彼女を使って三月精に渡りをつけられるということです。ルナチャイルドさんの能力はご存知ですよね、皆さん・・・。」
あやや「・・・・・・・・・」
霊夢「・・・・・・・・・」
魔理沙「・・・・・・・・・」
諏訪子「な、何よその目は?、みんなして

WtoK「諏訪子さん、いいかげん観念したらどうです。これを見てもまだ自分が潔白だと言い切れますか?」

諏訪子4

諏訪子「?、あっ、これ、すごいでしょ。私のかわいい蛙ちゃんは雨風なんかに負けないんだから!!」
WtoK「この雨風はそんなに生易しいものではありませんよ。この超難関スペルには私も何度落とされたことか・・・。3機落ちしたときはさすがに泣きそうになりました。蛙さんたちが本当に無事で済んでいるとお思いですか?」
諏訪子「・・・・・・・・・・・・し、自然の力はとっても怖いってことよ!!」
霊夢「この嵐起こしてんの、どう見てもあんたじゃない・・・。」
あやや「あやや、これは決定的ですね、明らかに児童?虐待の証拠写真です!!」
諏訪子「ち、違うの、諏訪子は悪くないのっ!!・・・」

WtoK「問答無用です!!」

諏訪子5
成敗!!

諏訪子「うわぁーーーん、ゲストとか言って呼んでおいてこの仕打ちは何!?、早苗ぇーーーーー
あやや「巨悪墜つ・・・ですね・・・・・・」
WtoK「ええ・・・。ですがまだこの幻想郷には黒い欲望が渦巻いています。私は最後まで戦い続けますよ!!」
あやや「おおっ、頼もしいですね。それでは次は誰を懲らしめに?」
WtoK「そうですね・・・ここはやはり・・・」
霊夢「おいおい・・・、コーナーの趣旨が変わっちゃってるじゃない
魔理沙「何か面白そうな展開になってきたぜ!、こうしちゃいられない、戻って異変解決の準備をしてくるぜ!!(びゅーーーーん・・・・・・・)」

※このコーナーは私の脳内で繰り広げられている東方Projectの二次創作の様なものです。

諏訪子とのスペカ戦績はこんな感じ
諏訪子6
諏訪子7
スポンサーサイト

テーマ : 東方プロジェクト - ジャンル : ゲーム

01:11  |  過去の激闘をふり返って  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

Comment

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除に必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://wrentokanna.blog.fc2.com/tb.php/6-ba21b9c0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。